トランスジェンダーの生徒に配慮…性差を感じさせない制服にネットの声は

トレンドニュース
By: Ryo FUKAsawa
  • 学生服製造の全国シェア約7割を占める岡山県
  • 男女の性差を感じさせない制服の開発が進んでいる
  • 心と体の性が異なるトランスジェンダーの生徒にも違和感なく着用してもらおうとの配慮から

このニュースの要約

菅公学生服(岡山市)は1997年から女子用スラックスを販売し、現在では全国の小中高約800校が採用している。もともとは防寒目的で、近年はトランスジェンダーへの配慮から採用が増えた。2016年の展示会からは、男女で左右異なる「前合わせ」をなくしたファスナー式のブレザーを提案している。

このニュースに対するみんなの反応

コメント